「防音」と言いますと、
壁に遮音材を施せばだいたい解決するもの
だと
思っている方もいらっしゃると思います。
実はそんなに単純なものではありません。
私たちは、日々さまざまな音と暮らしております。
初めて防音をお考えの方のために、簡単に「防音」についてお話しします。

防音とは

室内の音が外に漏れたり、外の音が室内に入る事を防ぐ事を言います。
そして、防音の方法として、主なものに「遮音」「吸音」「防振」があります。

遮 音

もっとも基本的な防音方法で、外からの音、室内の音を遮音材で反射し、
壁の反対側に伝わらないようにすることです。
主な遮音材としては石膏ボード、遮音シートなどがあります。

●ライブハウス、カラオケ店などの音漏れ防止
●楽器練習室などの音漏れ防止
●オーディオルーム、シアタールームの音漏れ防止
●共同住宅における隣接する世帯間の生活音の遮断
●外部の騒音防止

デメリット
これだけを過度に行いますと、
室内の音が反響し過ぎて聞きづらくなります。

吸 音

音を吸収し、反射を軽減したり反対側に伝わることを防ぐことです。
主な吸音材としてはウレタンフォーム、ロックウール、グラスウールがあります。

●ライブハウス、カラオケ店などの反響音の低減
●飲食店などの会話の反響音の低減
●楽器練習室の過度な反響音の低減
●オーディオルーム、シアタールームの反響音の低減

デメリット
これだけを過度に行いますと
室内の音がそっけなく感じることがあります。

防 振

防振は物の振動、低音による振動が伝わることを防ぐことを言います。
防振ゴム、フェルトなど。

●オーディオルーム、シアタールームの階下への振動の低減
●共同住宅での階下への生活音による振動の低減

「基本的には、問題の程度・要望・建物の構造や環境などにより、これらをバランスよく組み合わせておこないます。
防音の方法についてはこれだけではありませんので、まずはお気軽にご相談ください。」